横浜の羽毛布団クリーニングならお任せ下さい。

丸洗い専科

お問合せ

横浜の羽毛布団クリーニング【ポイントとFAQ】

横浜で羽毛布団クリーニングを行っているのが私たちの会社です。宅配クリーニングのサービスを実施しており、クリーニングに出すために重い布団を持ち運ぶ必要はありません。当社のスタッフがそれぞれの自宅を訪ねて、布団の回収を行います。忙しい人は、時間を指定していただければ、その時間にスタッフが伺います。集荷やお届けはすべて無料で行っており、気軽に羽毛布団をクリーニングに出すことが可能です。また、保管サービスも用意しているため、すぐに使わない羽毛布団は私たちのほうで預かります。たとえば、夏場だけ保管をしておくという使い方もできます。羽毛布団クリーニングを受けることによって、布団はとても清潔でキレイな状態となります。寝ているときに人はたくさんの汗をかき、それはどんどん布団に吸収されるものです。

羽毛布団クリーニング 横浜

そのため、定期的にクリーニングに出しておくことをおすすめします。当社はオゾン水クリーニングを行っているのが特徴です。オゾン水の効果によって、羽毛布団をしっかりと殺菌し脱臭し漂白効果を与えることができます。品質管理を厳しく行っていて、質の高いクリーニングを実現しています。羽毛布団クリーニングのことは株式会社アイアドヴァンス(丸洗い専科)にご相談ください。

01羽毛布団クリーニングの必要性とは

羽毛がたくさん入っている羽毛布団をどうやって洗濯すればいいか分からないという方もたくさんいると思いますが、お持ちの布団が洗えるタイプのものなら、自分でも洗濯することは可能です。
羽毛布団は他の布団に比べて軽くて保湿性が高く、睡眠時も体のラインにフィットすることから、暖かい空気を逃さない他にも、放湿性にも優れているというさまざまな特徴をもっています。日頃のお手入れは日陰干しを中心に行えばよく、メンテナンスが簡単なことも大きなメリットです。
ただし、羽毛布団でも長く使用すれば汚れはつきます。汗や皮脂なども布団にこびりつき、はじめは高密度だった側生地の布にも隙間ができて、ダニが入り込む可能性を高めてしまいます。さらに、雑菌も繁殖して嫌な臭いも発生します。
それらのことから、羽毛布団のクリーニングは必須となっています。一般的には年に一度の頻度で良いとされていますが、商品によっても推奨されているクリーニングの頻度は異なります。
洗濯機で洗える布団でも、高額な商品に何かあったらと心配な方は、プロに任せることをおすすめします。
羽毛布団を専門にしているお店であれば、クリーニングだけではなくリフォームにも対応していて、汚れてフンワリ感がなくなった布団も新品のように蘇らせてくれます。

02初めて羽毛布団をクリーニングするときの注意点

毎日使用する羽毛布団は定期的にクリーニングしなくてはいけませんが、専門業者に依頼しないで自分で洗濯するという場合は、必ず洗濯タグを確認してください。
そこには羽毛布団を傷めないような指示が記載されていて、手洗い、洗濯機、ドライクリーニング不可などのいろいろな指示があります。
洗濯機や手洗いができなく、どうやって洗濯していいか分からない場合は、無理をして大事に至ってしまわない前に、専門業者に頼ることをおすすめします。
自分でクリーニングを行う場合は、側生地が破れないように注意しなくてはいけません。もしも側生地が破れてしまうと、羽毛布団が飛び出し布団の寿命を縮めてしまいます。
洗濯するときにはネットを利用して、側生地をしっかり保護してください。特に長く使用している布団の場合は、丸洗いするときにダメージを受けやすくなっています。
シミやカビなどの黒ずみは、素人が洗濯しただけで落ちないこともあるので、汚れが酷い場合は専門店に任せることをおすすめします。
洗濯後はしっかり乾燥させることがポイントで、乾燥が甘いとカビや湿気臭さの原因になるため、内部まできちんと乾燥していることを必ず確認してください。

初めて羽毛布団をクリーニングするときの注意点

03羽毛布団をクリーニングする際に良くある3つのお悩み

1.どんな布団でもクリーニングできる?
羽毛布団は自分で洗濯できるものもあれば、洗うことができないタイプもあります。
したがって、自宅で洗濯する前には、洗濯表示に洗濯してもいいことが書かれているかを必ず確認してください。
洗濯表示以外にも、羽毛布団を洗濯する場合は、キルティング加工が施されているかも重要なポイントです。
キルティング加工のない羽毛布団の場合は、洗濯時に中の羽毛がかたよってしまうことがあるので注意してください。

2.買い替えをした方がいいケースもある
洗濯ができる羽毛布団でも、羽毛が飛び出してしまっているものや、側生地が傷み過ぎている場合は買い替えをした方がいい場合があります。
また、羽毛布団を専門にクリーニングしているお店の中には、羽毛布団のリフォームに対応しているところもあるので、リフォームをすれば新品のようにキレイになり、羽毛も増量してもらえることもあるので、一度相談してみることをおすすめします。

3.頻繁にクリーニングすれば良いわけではない
羽毛布団を専門のクリーニング店に出す場合でも、頻繁にクリーニングすればいいというわけではありません。
どうしても洗濯をすると布団を傷める原因になるため、洗う回数は極力少ない方が良く、クリーニングに出すべきベストな頻度はクリーニング店に確認してみましょう。

04羽毛布団のクリーニングにも関係する羽毛の種類

羽毛布団クリーニング 横浜

羽毛布団に使用されている羽毛には、主に「ダック」「グース」「マザーグース」の3つの種類があります。他にも超高級品の「アイダーダック」がありますが、主要3種類の違いを、メリットとデメリットごとに紹介します。
羽毛布団の中でもダックは価格が安いのが最大の特徴で、安価でもダウンパワーの数値でグースに勝る商品も販売されています。デメリットとしては、ダウンボールが小さく、グースに比べて臭いやすい点が挙げられます。
グースのメリットには、草食であることから臭いにくい点と、ダックと比較してダウンボールが大きいことから軽量でもボリューム感が出る点も挙げられます。
デメリットはやはりダックよりも価格が高くなることと、前記したようにダックよりもダウンパワーが低いものもあることです。
マザーグースのメリットは、グースよりもダウンボールが大きいため、かなり軽くてボリュームがある点です。デメリットはズバリ価格が高額なことです。
羽毛布団の下げ札に、「410dp」や「360dp」などの表記があることがありますが、これが「ダウンパワー」と呼ばれる数値で、数字が大きい方が弾力があり、膨らむ力が強くなります。

05横浜市と川崎市内全域で羽毛布団クリーニングを提供

横浜市と川崎市内全域、大田区、世田谷区、目黒区、品川区、稲城市、狛江市で羽毛布団の無料集荷とお届けに対応し、クリーニングとリフォームなどを提供しています。
横浜は、世界と日本を結ぶ国際貿易港として発展した街で、そのために諸外国のさまざまな文化が街中に今でも残っています。都心からも近く東京のベットタウンでもありますが、東京とは街並みの雰囲気が異なるのは横浜の歴史によるものが大きな要因となっています。
横浜と言えば真っ先に世界最大のチャイナタウンである横浜中華街を連想する方も多いと思いますが、この街は外国人居留地として発展し、中国文化がかなり色濃く反映されています。横浜中華街には300件を超える飲食店があり、日本人だけではなく外国観光客も連日数多く訪れています。
横浜は日本一の人気タウンで、それは年齢や性別問わずに需要に応えられる魅力的なものがたくさん揃っているからだと考えられます。横浜には魅力的な商業誌悦や観光スポットが満載で、大都会でありながら豊富な自然も抱えていて、エリアによって全く異なる雰囲気を味わえるようになっています。
自治体を挙げて子育て支援にも力を入れていて、親子で暮らしやすい環境も整えられています。

06羽毛布団のクリーニング代ってどのくらいみておけば良い?

羽毛布団を自身で選択するのは怖いという方には、プロのクリーニング業者に依頼するのがおすすめですが、クリーニング代は依頼する業者によって変わってきます。
気になる羽毛布団のクリーニング代の相場は、1枚で3,500~6,500円程度と言われています。ただし、これはあくまでも目安で、自身で一般的なクリーニング店に持ち込みした場合の料金です。
とにかく価格重視で、表面の汚れだけでも落として欲しいという方は、かさばる布団を車などを利用してお店に持ち込んでキレイにしてもらおうとするようです。

羽毛布団のクリーニング代ってどのくらいみておけば良い?

ただし、羽毛布団を専門に扱っているお店と比べると、クリーニング代は安く抑えられても、仕上がりはリフォームなどのサービスは期待できない場合が多いので、その点は了承しておく必要があります。
車がないのでお店に持ち込むことができないという方には、宅配クリーニングがおすすめですが、羽毛布団クリーニングを専門に宅配クリーニングしてくれるお店もあるので、仕上がりも期待するならそのようなお店を選択することをおすすめします。
料金は多少高くなりますが、中にはセールやいろいろなサービスを設けているところもあって、クリーニング代をお得にできることも可能となっています。

07羽毛布団をクリーニングするときの3つのポイント

01洗える布団かどうか確認する

羽毛布団をクリーニングする際には、最初に必ず洗えるものかどうかを確認してください。
羽毛布団の中には洗えないタイプのものがあるので注意が必要です。
布団についている洗濯表示を見れば確認でき、水洗いできるかどうかも書かれています。
洗濯機のマークや洗濯桶のマークがあるなら、家庭での洗濯も可能で、それらがない場合は専門のクリーニング店などに相談しましょう。

02買い替えやリフォームも考える

羽毛布団を長く使用している場合は、自分で洗濯したりクリーニング店に出すよりも、新しいものに買い替える、もしくはリフォームしてもらう方が良いケースもあります。リフォームは専門のクリーニング店で対応してもらえることもあります。
羽毛布団は長く使用していると本来の性能や効果を期待できなくなってしまうこともあるので、寿命の確認も必要です。自分で判断できない場合も、専門のクリーニング店などに確認してもらいましょう。

03クリーニングの仕方で洗う回数を減らせる

どのような方法で羽毛布団をクリーニングするかで、洗うべき回数も変わってきます。
おすすめなのはやはり羽毛布団専門のクリーニング店で出すことですが、自分で洗濯する場合でも、天日干しをしたりしっかり乾燥させたりすることなどにより、羽毛布団の良い状態を保つことにもつなげられます。

08羽毛布団をクリーニングに出す業者の選び方とは

クリーニング店なら羽毛布団のクリーニングにも対応してくれるお店が多いです。しかし、羽毛布団のクリーニングに慣れていないところに依頼してしまうと、きちんと汚れが落ちていない、ふわふわ感がなくなってしまったなどとなってしまうこともあるのが現実です。
そのため、羽毛布団をクリーニングに出す場合は、価格だけを比較しないで羽毛布団のクリーニング経験が豊富で、評判の良いお店を選択することをおすすめします。
羽毛布団の洗い方はどこの業者も同じでは?と思いがちですが、業者によってかなりの違いがあります。洗い方によっては汚れや臭いが残ってしまうこともあるようです。
一般的な布団とは違い羽毛布団のクリーニングにはそれに関する知識と技術が必要なので、それを持ち合わせている業者を選ぶのがポイントです。知識や経験があるか分からないという場合は、実績のある業者を選択しましょう。
今では多くのクリーニング店がホームページを持っているので、そこに羽毛布団に関する情報が掲載されていれば、安心してクリーニングを任せることができます。
また、お店によっては布団の保管サービスや集荷サービスも提供しているので、自分のニーズに合わせてお店選びをしてください。

09クリーニングに出すタイミングに関する相談

クリーニングに出すタイミングに関する相談

羽毛布団をクリーニングに出す多くの方から寄せられる相談に、クリーニングに出すタイミングはいつがベストなの?というものがあります。
羽毛布団を頻繁にクリーニングに出す方もいますが、そうすると布団を傷める原因になるため、クリーニングのし過ぎには注意が必要です。一般的に羽毛布団をクリーニングに出すのは、5〜7年ごとが良いとされています。
羽毛布団を洗い過ぎると、羽毛のかさが減って保湿性を弱める原因にもなります。また、洗い過ぎは中身の羽毛を飛び出させる要因にもなってしまいます。
ただし、5年以内でも汚れが酷く気になるなら、2〜3年に1度の割合でクリーニングに出しても構いません。その際には、羽毛布団の洗濯に慣れているお店を選んだ方が安心で、特に高価な布団の場合は業者選びを慎重に行いましょう。
クリーニングの回数を減らして長く布団を使用するには、普段からのメンテナンスも大事になります。ふとんカバーをきちんとかけて、カバーをこまめに洗濯してください。定期的に天日干しをしてできるだけ清潔に保つことで、羽毛布団の寿命を延ばすことができます。
羽毛のかさが減ったら、布団をリフォームすることも可能です。

10クリーニングに関することでよくある3つの質問

質問 羽毛布団は自分でクリーニングできる?
回答 羽毛布団によっても、自分で洗濯できるものもあればできないものがあります。
しかし、洗濯できる表示があるものでも、自分で洗濯すれば生地が破ける心配もあり、乾燥が上手にいかずに嫌な臭いがすることもあります。
羽毛布団を大事にしたいなら、プロに任せることをおすすめします。お店によっても料金は異なりますが、安い料金でしっかりクリーニングしてくれるところも増えています。
質問 羽毛布団からする独特な臭いは何ですか?
回答 羽毛布団は、鳥から採取される羽毛からできているため、どうしても独特な臭いがすることがあります。
この独特な臭いには、実は価格によって差があって、安価なものになるほど臭いが気になるケースが多いようです。
また、使用すると体温で羽毛が温まり、羽毛の臭いがより斌著になることもあります。家庭で洗濯すると、生乾きの羽毛の嫌な臭いがしてくることもあります。
質問 羽毛の寿命はどこで見分ければ良いですか?
回答 羽毛の寿命は、商品によっても異なり、10年以上のものもあれば、2〜3しか持たないものもあります。
寒さを感じるようになったり、羽毛の吹き出しが目立ったりしてくれば、寿命が近づいているサインです。
明らかに弾力が失われた場合も、寿命を疑い、リフォームや買い替えなどを考えてください。

11クリーニング店を選ぶときの注意点

POINT クリーニング店であれば、羽毛布団も完璧にキレイにしてくれると思い、適当にお店を選んでしまっている方も少なくないようです。
ただし、羽毛布団に限らず、クリーニング店によって技術の違いはあり、それによって仕上がりも大きく変わってきます。
最近では安い料金を大々的に謳って集客しているお店も増えていますが、特に高額な羽毛布団をクリーニングに出すなら、布団についての知識があって、確かな技術力をしっかり備えているお店を選びたいものです。
実は、羽毛布団のクリーニングは、素材や状態によっては受け付けてくれないお店もあります。例えば、生地がシルクの場合は丸洗いができないということで、お店に持っていっても作業ができないと断られてしまうケースが多いです。
また、生地が破れていたり、嘔吐物などの汚れが付着したりしている場合も、取り扱いしてもらえないことがあります。
羽毛布団をクリーニングに出すときには、普段から専門に取り扱いがあるお店を探して依頼することをおすすめします。
また、お店によっては返却までの期間や、私用しない季節の間布団を保管してくるサービスを提供しているケースもあるので、サービス内容も確認してお店選びを行いましょう。

12羽毛布団のダウン率って何?

羽毛布団のダウン率とは、球状の羽毛と小さな羽根のフェザーとの割合のことを指しています。この数値が高ければ上質の羽毛だと判断することができ、ダウン率は羽毛の品質を表す目安となっています。
本来ダウンといえば球状の形をしていますが、割れた羽枝や未成熟なものもダウンとしてカウントされており、フェザーに関してもファイバ化したものなどが含まれています。
これを業界では組成混合率と呼んでいますが、水鳥のダウンとフェザーの他にも、ゴミである夾雑物や陸鳥のチキンフェザーが含まれているものも多く出回っています。
ダウン率100%の羽毛布団はほとんどなく、100%未満であれば教養誤差5%が認められていて、メーカーによって許容誤差に関するに認識は異なっています。いずれにしても、できるだけ100%に近い商品を選択することをおすすめします。
羽毛布団の良し悪しは、中身の品質に比例していて、それを左右するのがフェザーではなくダウンホールの品質です。
そのため、ダウン率は羽毛布団の品質を判断する大きなポイントとなり、布団の寿命にも大きく関係していて、ダウン率が高い羽毛布団は耐久性にも優れています。

FAQ一覧

PageTop

お問合せ