羽毛布団をクリーニングに出すメリットとデメリット|横浜市、川崎市で羽毛布団クリーニングなら丸洗い専科!オゾン水で洗う布団の丸洗いです。

丸洗い専科

お問合せ

FAQ

羽毛布団をクリーニングに出すメリットとデメリットは?

羽毛布団を購入してから、睡眠の質が各段に向上して、仕事の疲れも良く取れるようになって非常に喜んでいるのですが、妻が神経質過ぎて、頻繁に布団をクリーニングに出すことが気になっています。
クリーニングに出すとしばらく戻ってこなくて、その間は良く眠れなくなるし、私的には布団カバーをきちんと洗濯して取り換えていれば十分だと思うのですが、羽毛布団をクリーニングに出すべき頻度と、羽毛布団をクリーニングするメリットとデメリットを教えてください。

answer

必要以上のクリーニングは避けましょう

一般的に羽毛布団をクリーニングに出す目安は、3〜5年程度がベストと言われています。
きちんとカバーをかけて使用していて、頻繁にそれを交換しているなら、吸湿や放温に優れているので、思っている以上に快適さは長く保たれるのが羽毛布団の特長です。
ただし、寝ている間には皮脂や汗が大量に出ていて、ホコリやチリなども発散されずに時間をかけてゆっくり布団の中に浸透していき、これらが機能の低下を引き起こしますので、適度なクリーニングでそれを防ぐことができます。
しかし頻繁にクリーニングに出すと、羽毛や側生地を痛めてしまうことになります。
また、クリーニングする度に、羽毛の油分が必要以上に失われ、保湿性の低下につながり、それも頻繁に羽毛布団をクリーニングに出すデメリットです。

PageTop

お問合せ